イメージ画像

現金化を専門に行っている業者

最近「現金化」という言葉をあちらこちらで耳にする機会が増えたようにお思います。

この現金化とは、自分が持っているクレジットカードを現金に換えるということなのですが、クレジットカードそのものが現金になるわけではありません。

クレジットカードにはもともとキャッシング機能とショッピング機能が備わっていますが、現金化はこの通常ショッピングに使う枠を現金に換えるという方法です。

ショッピング枠を現金に換えるわけですから、もしキャッシング枠を限度額いっぱいに使ってしまっていても問題ありません。

少し前は、ショッピング枠で何かを購入しそれを売却する方法で現金化している人もいましたが、今は現金化を専門に行っている業者がいるので、その現金化業者に申し込むことでショッピング枠を現金に換えることができます。

例えば、ショッピング枠が30万円分あってそのうち10万円分を現金に換えたいと申し込みすると、10万円に近い現金を手にすることができます。

現金化の申し込みをすると、業者からクレジットカードを使用してある商品を購入するように支持されその商品を購入するのですが、この時購入する商品がキャッシュバック付きの商品になっていて、商品購入後にキャッシュバックされるというかたちで現金が手元に入ってくるという仕組みです。

しかし、10万円の現金が欲しい時、10万円分を現金化しますと申し込んでも満額手に入ることはなく、10万円よりも少ない金額しか手にすることはできません。

なぜなら、現金化には換金率というものがあり、だいたいの業者は80%~90%の換金率を提示していてそこで生じる差額を業者側の利益とし運営しているからです。

現金化利用者側が損をするように感じるかもしれませんが、手軽に現金化してくれるサービス料か手数料だと思えば、納得がいくのではないはないでしょうか。

そうなると、実際に手元に10万円が必要な時には換金率も計算に入れて10万円以上のショッピング枠を使用しなくてはいけませんが、これはいたしかたのない事だと割り切るしかありません。

その際、業者によって換金率も変わってきますから、業者に直接実際手元に必要な金額を言って相談をしてみるのがいいでしょう。

持っているクレジットカードのショッピング枠が30万円の枠であっても、そのとき自分が必要な分だけを現金化することは可能ですから、しっかりと自分の意向を伝え必要な分だけを現金化するよう心がけてください。

評判のサイト:クレジットカード現金化比較ナビ【即日可能な会社ランキング】

総量規制という上限

2010年に行われた貸金業法の改正により、金融機関での借り入れに総量規制という上限が設けられました。

これまでにも利用者負担を軽減するために金利の引き下げなどの改定は度々されてきましたが、この総量規制はこれまでキャッシングを利用できていた人たちが、いきなり利用できなくなったりする事態となりました。

急な出費というものは誰にでもあるもので、そんな時強い見方であったキャッシング機能を失うことは相当な痛手となったことでしょう。

ここへきて注目を集めたのが「現金化」というわけです。

こちらは融資目的のキャッシング機能ではなく、お買い物に使われるショッピング枠を利用するので、少量規制にかかることはありません。

ですから、キャッシングは無理でもショッピング枠に余裕があればその金額分を現金として手に入れることができるのです。

ただし、これはクレジットカード会社のサービスではありませんから、カード会社へ現金化を依頼してもどうにもならないでご注意ください。

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるには、カードを使用して現金に換えられるような品物を購入することになります。

これを自身で行ってももちろん構いませんが、一番早い方法は現金化業者といわれるところに現金化を申し込むことです。

この現金化業者に申し込みをすると、換金率というものにしたがってショッピング枠を現金に換えてくれます。

そのときの換金率は業者それぞれですが、だいたいは80%~90%を提示しています。

ですから、現金化をするときは、自分の希望する金額を納得いく換金率で現金化してくれる業者を探すことから始めなければいけません。

現金化は現金を手にできますが、キャッシングとは違います。

必要金額を借り入れるのではなく、あくまでもキャッシュバック付きの商品をクレジットカードのショッピング機能で購入し、そのおまけとしてキャッシュバックの現金を受け取るのです。

ですから、内容としては通常のショッピングと変わりはなく使用した金額分をクレジットカード会社へ返済することになります。

もちろん使用したのはショッピング枠ですから、月々の返済に付いてくる金利もキャッシング枠とは違う、ショッピング枠に掛かる金利を支払えばよいのです。

したがって、ショッピング枠の現金化とキャッシングでは全く違うものだということになります。

そして、クレジットカードを使用したのは現金化であっても、その内容はただの買い物ですから特別な請求や返済になることも一切なく、いつも通りの返済になるのです。

安心優良サイト:クレジットカード現金化

このページの先頭へ